夏の暑さがやっとで過ぎ去ったと思ったら、今年は急に涼しくなってしまってます。

海では夏の終わりに大量にとれていたシイラが今は幻の魚になってしまっております。

その代り、カレイ類がおいしくなる季節になってきております。

001

天下に轟く若狭かれい・皇室献上のかれいは今年も高値からスタートしております。

10月になると身も厚くなり、卵も大きく張ってきます。これから旬を迎える海の幸です

002

また、底引き漁ではこのようなものも・・

DSC_1691

山口県の萩では金太郎と呼ばれる高級魚、一般的にはヒメジと呼ばれています。

山口ではお刺身で食べられたり、干物にしたり、ハーブオイルにつけてオイルルージェとしてとても有名な魚です。

身に旨みがあって大変おいしいと評判の魚です。

若狭小浜でも底引き漁で必ず獲れておりますが、どういうわけか 赤ひも とよばれています。

地元ではこの赤ひもは小さい型のものが好まれ、醤油漬け(小浜市がPRをして地域特産品として『醤油干し』と名前を付けて売り出しているもの)

にしてあぶりながら食べるものでよく知られています。

なぜ小さな型のが好まれるかは、骨が思いのほか固いので、大きなものは味が良いのは解っておりますがその骨が難点となっているからです。

(姿のままやいてそのまま口に入れるの食べ方が小浜の習慣なのですから)

その旨みの詰まった金太郎を、お刺身としてさばいて、3枚荷卸し、塩をして、米酢に通して樽に詰めてみました。

IMG_5169

醤油漬けしかできない魚・・と地元ではいわれる魚もこのようにするととてもうまみが凝縮されて美味なものです。

小鯛とは違った、淡白さより魚ってこんなに味があるのか・・と思われるほど旨みが出てきています。

やはり塩で〆て、周りを酢でコーティングして旨みを逃さなくして、水分を木樽でじわじわと抜いていくささ漬の製造方法がこの味を作るのだと関心をする逸品になっております。

久々の一押しです。

この商品は店頭には定番商品として並んではおりませんが今後はノドグロの笹漬や昆布締めと同様に小浜のささ漬の一翼を担うようになるでしょう。

今回、このブログを読まれて、食べてみたいな・・と思われて、店頭でルーシ゛ェの笹漬とお声かけ頂ければ特別に原価(ワンコインで・・)にてお試しいただけるようにできればと思います。

数はほんの少々しかできませんが、たまたまお声かけ頂いたときにあれば・ということでご容赦頂ければと思います。

まあ、社長の道楽からできたものなのでご容赦くださいね。

DSC_1690