あなたの思いをお届けいたします。

昆布締め-木箱入り

「ささ漬け」同様、若狭湾岸の伝統的加工法として親しまれる昆布締め。
ささ漬けとの大きな違いは、酢を使わず昆布のうま味だけを魚にしみ込ませていること。
魚自体の鮮度とおいしさ、そして使う塩と昆布の質が絶対的な条件となります。
津田孫兵衛では羅臼産昆布を使用。
井桁の箱に塩で締めた新鮮な魚の身を敷き、その間に昆布を挟んで更に魚の身を引き締めるとともに、そのうまみを余すところなく魚に移しています。
旬の味を楽しんでいただけるよう、魚の種類も幅広く揃えました。
そのままわさび醤油で
しゃぶしゃぶで
お吸物に入れて

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP